• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • よくあるご質問
    (au Q&A プラス)
    auの「よくあるご質問」と「みんなからの質問」を集めたQ&Aサイト
    au Q&A プラス
  • auショップでのお問い合わせ
    お近くのauショップが検索できます。
    auショップ検索

IEEE802.1x認証設定

一般の無線LANアクセスポイントのIEEE802.1X認証設定を行います。
下のウィンドウで、説明を見る部分をクリックしてください。

IEEE802.1x認証設定ウィンドウ

IEEE802.1x認証設定ウィンドウ 設定 接続名(任意) ネットワーク名 (ESS-ID) ネットーワーク認証 データ暗号化 ネットワークキー ヘルプ OK キャンセル
IEEE802.1x認証設定ウィンドウ_2 設定 接続名(任意) ネットワーク名 (ESS-ID) ネットーワーク認証 データ暗号化 ログインID パスワード ヘルプ OK キャンセル

認証方式

IEEE802.1Xの認証方式を選択します。現在サポートされている認証方式は、次の2つです。

  • EAP-TLS (クライアント証明書による認証)
  • EAP-PEAP-MSCHAPv2 (ログインID、パスワードによる認証)

サーバーの証明書の発行元を検証する

サーバー側の証明書が信頼されたルート証明機関から発行されたものであるか検証を行う場合にチェックします。
このチェックがオンの場合、サーバー側の証明書が信頼されたルート証明機関から発行されたものでない場合には、接続は失敗します。

サーバーの証明書のサーバー名を検証する

サーバー側の証明書が信頼されたルート証明機関から発行されたものであるか検証を行う場合にチェックします。
このチェックがオンの状態で、サーバー側の証明書内のサーバー名が指定された文字列を含んでいない場合には、接続は失敗します。

検証サーバー名

"サーバーの証明書のサーバー名を検証する"が、オンの場合、検証するサーバー名 (サーバー名の部分的な文字列でも可) を指定します。

クライアント証明書

認証に使用するクライアント証明書を一覧から選択します。

ログインID

IEEE802.1Xの認証方式がEAP-PEAP-MSCHAPv2の場合、ログインIDを指定します。

パスワード

IEEE802.1Xの認証方式がEAP-PEAP-MSCHAPv2の場合、パスワードを指定します。

[ OK ] ボタン

設定を保存してウィンドウを閉じます。

[ キャンセル ] ボタン

設定を保存しないでウィンドウを閉じます。

[ ヘルプ ] ボタン

このウィンドウのヘルプを表示します。