• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • よくあるご質問
    (au Q&A プラス)
    auの「よくあるご質問」と「みんなからの質問」を集めたQ&Aサイト
    au Q&A プラス
  • auショップでのお問い合わせ
    お近くのauショップが検索できます。
    auショップ検索

HTML文書を作成する

ホームページ文書を作成する

ホームページは、HTML形式の文書として保存されている必要があります。(HTML形式の文書とは、様々なタグがはいった文書で、タグは、文書の形を決めます。)HTML形式の文書の作成は、ふつうのテキストエディタでも作成することができますが、タグについての知識が必要です。一般的には、各種HTMLエディタを使用するか、各種HTML文書作成機能をもつツールで作成します。

最初に表示される文書の作成

あなたのホームページをアクセスしたときに最初に表示される文書のファイル名は、必ず「index.html」というファイル名にしてください。その他のページのファイル名は、ご自由にお決めください。(但し、半角英数のHTML文書で作成してください。)この最初のページから、リンク先の文書や他のホームページを見れるようにします。また、ホームページ文書では、画像や図は、GIF、あるいはJPEGという形式のファイルを使用するのがふつうです。残念ながら、Windows95付属のプログラムでは、この2つのファイル形式は扱えません。そのため、専用のツールを入手する必要があります。(様々なホームページ作成を説明した雑誌に付録としてついていますので、自分にあったものを使用するとよいでしょう)

リンク先文書の作成

ホームページは、HTML形式の文書として保存されている必要があります。(HTML形式の文書とは、様々なタグがはいった文書で、タグは、文書の形を決めます)HTML形式の文書の作成は、ふつうのテキストエディタでも作成することができますが、タグについての知識が必要です。一般的には、各種HTMLエディタを使用するか、「メモ帳」や「SimpleText」などのHTML文書作成機能をもつ文書ツールで作成します。

テストをする

拡張子「.exe」や「.com」などの拡張子のつくファイルをインターネット上で使用する場合は、圧縮ツールで拡張子を「.lzh」や「.zip」などに変換してから、転送してください。