• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • よくあるご質問
    (au Q&A プラス)
    auの「よくあるご質問」と「みんなからの質問」を集めたQ&Aサイト
    au Q&A プラス
  • auショップでのお問い合わせ
    お近くのauショップが検索できます。
    auショップ検索

作成した文書の登録

登録する前に

HTML文書、GIF、JPEGファイルが作成でき動作確認ができたら、いよいよau one netのWWWサーバに転送することになります。そのときに、すべてのファイルを1つのフォルダ内に保存してください。

  • ※ 作成されたHTML文書の中で、ホームページをアクセスした時に最初に表示される文書のファイル名は、必ず「index.html」というファイル名で保存してください。

「登録する」とは

HTML文書ができたら、au one netのWWWサーバの許可された領域に、HTML、GIFファイル、JPEGファイルを転送します。このファイルをすべて、決まった領域に置かないと、せっかく閲覧してもらっても、エラーメッセージが表示されてしまいます。

転送するツールを用意する

転送するツールの種類・設定方法はそれぞれ異なりますが、お客さまの使いやすいツールを選んでください。各ツールの入手は、雑誌に付いているCD-ROMや、WWWサイトから入手することができます。各種ソフトの転送設定につきましては、こちらをご参照ください。

転送先

転送先は、お客さまのホームディレクトリの下のhtdocsになります。転送ツールの設定で、リモートホストのディレクトリにhtdocsを指定しておけば、転送ツールで接続をした時に、htdocsに自動的に位置づけられますので、そのままサーバに転送してください。転送先のディレクトリに必ずindex.htmまたはindex.html、および関連ファイルをすべて転送します。

  • ※ ホームディレクトリ上にindex.htmとindex.htmlの両方がある場合にはindex.htmが優先されます。