• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • よくあるご質問
    (au Q&A プラス)
    auの「よくあるご質問」と「みんなからの質問」を集めたQ&Aサイト
    au Q&A プラス
  • auショップでのお問い合わせ
    お近くのauショップが検索できます。
    auショップ検索

アクセスカウンタCGI:CGIマニュアル dionドメイン

概要

アクセスカウンタCGIとは、お客さまのホームページにアクセスした人の数を表示する仕組みです。

au one netのアクセスカウンタCGIの仕様

項目 内容
桁数 最低6桁、最高20桁まで表示可能
設置数 FTPアカウントごとに10個まで設置可能
画像の種類 23種類(日付・時計表示も、応用可能です)
カウント方法 参照を行った方の接続情報は一定期間保持される為、同じ方が更新ボタンを何度押してもカウントされません。カウントを複数回行うには、機器の接続情報を一度削除する必要があります。

画像の種類とサンプル

アクセスカウンタの画像は、以下の23種類から選択できます。アクセスカウンタごとに個別に選択することができます。
アクセスカウンタに付加効果をつけることもできます。

サンプル HTMLの記述
サンプル dd=A
サンプル dd=B
サンプル dd=C
サンプル dd=D
サンプル dd=E
サンプル dd=aliasw
サンプル dd=buftom
サンプル dd=cb
サンプル dd=chopw
サンプル dd=cntdwn
サンプル dd=enya
サンプル dd=goudy
サンプル dd=japan
サンプル dd=katt044
サンプル dd=katt064
サンプル dd=katt077
サンプル dd=mahjong
サンプル dd=odb
サンプル dd=reflect
サンプル dd=runic
サンプル dd=sbg
サンプル dd=shadow
サンプル dd=wd

付加効果

効果 表示 HTMLの記述
枠を外す(0,1)
枠の太さ変更(2~)
サンプル ft=0
左に90度回転 サンプル rotate=Y
右に90度回転 サンプル degrees=90
180度回転 サンプル degrees=180
表示桁数変更(12桁の場合) サンプル md=12

複数の付加効果を同時に使用したい場合は…

記述に「&(半角)」を付加すれば、順不同で複数の効果を設定することが可能です。
詳しくは「設置方法」のSTEP4をご覧ください。

設置方法

  1. STEP1

    アクセスカウンタCGI設定ウィザードにアクセスします。CGI設定ウィザードはこちら >>

    サンプル:DF用アクセスカウンタCGI設定ウィザード

    CGIマニュアル dionドメイン > アクセスカウンタCGI STEP1
  2. STEP2

    CGI設定ウィザード画面で各項目を入力し、「作成」ボタンをクリックします。

    項目名 項目名
    お客さまのホームページ公開代理URL http://www.h?.dion.ne.jp/~kdditaro
    FTPパスワード お客さまのFTPパスワード
    アクセスカウンター番号 任意
    開始数値 任意
  3. STEP3

    CGI設定ウィザードの設定完了画面にアクセスカウンタのタグ(記述)が表示されます。
    このタグをお客さまのHTMLファイルに記述することにより、アクセスカウンタが表示されますので、タグをテキストファイル等にコピーして保存することをお勧めします。このページ以外でタグを確認することはできませんのでご注意ください。タグを保存しなかった場合は、以下の記述例を自分の情報に差替えてご利用ください。

    URLが「http://www.h2.dion.ne.jp/~taro」の場合 STEP3
  4. STEP4

    お客さまが作成したHTMLファイルにSTEP3で表示されたタグを追記します。

    URLが「http://www.h2.dion.ne.jp/~taro」の場合 STEP3

    以下のような付加効果を使用したい場合は…

    見出し 見出し 見出し
    画像の外枠を外す
    CGIマニュアル dionドメイン > DF用アクセスカウンタCGI STEP4
    ft=1
    表示したいアクセスカウンタ画像 dd=japan
    表示桁数変更(10桁の場合) md=10
    • ※表示されたアクセスカウンタ数「一二三四五六七八九〇」は、CGI設定ウィザードで設定した「開始数値」です。記述に「&(半角)」を付加すれば、順不同で複数の効果を設定することが可能です。
  5. STEP5

    アクセスカウンタのタグを記述したHTMLファイルをFTPサーバにアップロードします。
    これで設置は完了です。正常にアクセスカウンタが表示されているかご確認ください。

トラブルシューティング

アクセスカウンタの画像が表示されない

  1. CGI設定ウィザードにて、アクセスカウンタのデータファイルが設定されていない可能性があります。再度CGI設定ウィザードを使用し、設定を行ってください。
  2. 違うアクセスカウンタのデータファイルを選択されてないかご確認ください。

例:URLが「http://www.h2.dion.ne.jp/~kdditaro」の場合、アクセスカウンタのデータファイルは「h2_kdditaro_0.dat」から「h2_kdditaro_9.dat」までの間になります

  • ※ どのファイルを使用する場合にも、最初にCGI設定ウィザードで設定を行いませんと、ご使用になれませんのでご注意ください。

CGIマニュアル dionドメイン > DF用アクセスカウンタCGIと表示される

アクセスカウンタの種類を設定する際、大文字小文字の入力等記述が間違っていると表示されてしまいます。

[Parameter "*1" xxxxxx value "*2"]とエラーが表示される

以下の場合はカウンタ値が増えません。

  1. アクセスカウンタを回転させて表示する等、特殊な効果を使用する場合に、入力する記述(*1)の値(*2)が動作範囲外になっている場合に表示されます。
  2. 値に入力されている数値(文字)が全角の場合、認識されず上記のエラーが表示されます。