• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • よくあるご質問
    (au Q&A プラス)
    auの「よくあるご質問」と「みんなからの質問」を集めたQ&Aサイト
    au Q&A プラス
  • auショップでのお問い合わせ
    お近くのauショップが検索できます。
    auショップ検索

ゲストブックCGI:CGIマニュアル auone-netドメイン

ゲストブックCGIとは

ゲストブックとは、ホームページの訪問者(閲覧者)が訪問記念のメッセージや、自己紹介などを書込み、また他人の書込みを読むことの出来る、WEB上に存在する芳名帳です。会話が行われる掲示板よりも初めてホームページに来た方等には書き込みやすいCGIです。

設定方法

CGI設定ウィザードにて設定を行う

最初にCGI設定ウィザードを使用し、設定ファイルを設置する必要があります。設定は以下の通りになります。

サンプル:ゲストブックCGI設定ウィザード

CGIマニュアル dionドメイン > ゲストブックCGI
画像構成:サンプル選択
枠あり(モード)
枠あり(モード)
枠なし(モダン)
枠なし(モダン)
枠なし(シンプル)
枠なし(シンプル)

CGI設定ウィザード入力項目の説明

  1. ゲストブック番号の指定
    ゲストブックは3つまで設置することが可能です。各々の設定を全て違うものにすることも出来ます。ただし、一度設置した後に一部の設定を変更される場合には、全ての項目を設定し直す必要がありますのでご注意ください。
  2. 画面構成
    画面構成の違う、3種類のパターンをご用意しております。お好みのパターンをお選びください。
  3. 背景の設定
    ページ全体の色や、背景画像を設定します。お好みの色や背景をご選択ください。また、お客さまご自身でご用意頂いた画像を背景にするも出来ます。
  4. タイトル
    ゲストブックのページ「GUEST BOOK」という文字の下に表示されるタイトルとブラウザのタイトルバーに表示される題名になります。
  5. リンクURL
    ゲストブックより、別のページへリンクすることが出来ます。その際のリンク先URLをご入力ください。
    例:http://www.ab.auone-net.jp/~taro/index.htm
  6. リンクURL文字
    前項のリンクURLで設定して頂きましたページにリンクする際の文字列を入力します。
    例:ホームページへ戻る


    こちらの文字列を選択(クリック)すると、リンクURLで指定してあるページに移ることが出来ます。

    • ※ ゲストブックのページに実際に表記される「リンクURL」と「リンクURL文字」の関係(タグ)は、以下のようになっています。

    ‹a href="http:////support/internet/guide/service/website/auone-net/guest/リンクURL"›リンクURL文字‹/a›

  7. 使用漢字コード
    「EUC」、「Shift-JIS」の2つから選択することが出来ます。漢字コードには種類があり、それぞれメリット/デメリットがあります。
漢字コード 説明
EUC インターネット(CGIサーバ)では標準とされている漢字コードです。文字化けすることが少ない為、標準ではこちらを選択されることをお勧め致します。
Shift-JIS 一般的なOSで使われている漢字コードです。データに変更を加える際、漢字コードを一致させておけば、コンバート(変換)する手間が有りません。但し、CGIサーバではEUCを標準としている為、文字化けしてしまう可能性が有ります。

設置方法

お客さまが作成されたHTMLファイルに以下のように記述すると、そのページからDX掲示板に移動する事ができます。 以下は、URLが「http://www.ab.auone-net.jp/~taro」の場合の記述例です。「ab」「taro」の部分はお客さまごとに異なります。

例:‹a href="/cgi-bin/board/taro/1/"›ゲストブック‹/a›

記述 内容
kdditaro お客さまのURLの~(チルダ)より後ろ
1 掲示板番号を指定(1~5)
掲示板へ ご自由にお決めください
(リンクアドレス文字)
  • ※ なお、DX掲示板自体のURLは、上の記述例の場合「http://www.ab.auone-net.jp/cgi-bin/guestbook/taro/1/」となります。

テンプレートファイルのカスタマイズ方法

テンプレートのカスタマイズに関して発生した不具合は、au one netではサポート致しかねますのでご注意ください。
以下の内容に関して、一つの方法として提案させて頂いております。元の状態に戻される場合は、CGI設定ウィザードにて再度ご設定ください。

CGI設定ウィザードにより設置されるファイル

ゲストブックCGI設定ウィザードを起動した際に設置されるファイルは、以下のようになります。全てお客さまのディレクトリ「/cgi-data/guestbook」」の直下に配置されます。

ファイル名 内容
guestbook_view1.html ゲストブックの画面テンプレート
guestbook.edit1.html ゲストメッセージデータファイル

以上の項目のうち、テンプレートファイルをカスタマイズする事により、表示される画面を変更する事ができます。テンプレートファイルは、HTML形式で記述されています。ただし、特殊な変数を利用しておりますので、変数表をご参照の上カスタマイズします。

テンプレートファイル内変数表

テンプレート内で使用されている変数の形式は、以下のようになっています。

変数 内容
<%=messageno%> 発言番号
<%=name%> 発言者の名前
<%=email%> 発言者のメールアドレス
<%=subject%> 発言の話題(タイトル)
<%=content%>発言の内容 発言の話題(タイトル)
<%=time%> 発言された時間
  • ※上記の変数以外をご使用になられると、正しく動作しませんのでご注意ください。

CGI起動時のパラメータ

変数名 内容
messages メッセージ番号の一覧
index メッセージ番号
name 発言者の名前
email 発言者の電子メールアドレス
date 発言の日付
content 発言の内容
subject 発言の話題
encoded_subject 発言の話題をURLエンコードしたもの
sum 話題に属する記事の数
info CGIからのメッセージ
me 自分自身のCGIプログラムの名前
path PATH_INFO使用時にリンクやイメージなどの 相対パスの先頭につける必要あり

CGI起動時にパラメータを設定する事により、種々の機能を使用する事ができます。設定可能なパラメータは以下の通りです。尚、「METHOD」は、「GET」「POST」どちらでも可能です。(但し、「GET」には、文字数の制限がありますので、ご注意ください。)

name value 内容
action (なし) subjectが指定されていない場合、話題の一覧を表示する
subjectが指定されている場合、その話題の記事の一覧を表示する
listup 記事の一覧を表示する
write メッセージを書き込む
内容はname,email,subject,contentで指定する
delete subject,articleで指定した記事を削除する
password パスワードを変更する
password,new1,new2を指定する
top old 古いものから表示(デフォルト)
new 新しいものから表示
name 名前 書き込む記事の投稿者の名前
email 電子メール 書き込む記事の投稿者の電子メールアドレス
content 本文 書き込む記事の本文
template ファイル名 テンプレートファイルを明示する
カレントディレクトリ内のファイルのみ可
password パスワード 削除及びパスワード変更の場合のみ与える
new1 新パスワード パスワードの変更時に新しいパスワードを指定する
new2 新パスワード パスワードの変更時に新しいパスワードを指定する
article 記事番号 削除の際に記事番号を指定する(数字あるいは"all")
subject 話題 一覧表示する話題(action指定なしのときの引数)
書き込む記事の話題(writeの引数)
削除する記事の話題(deleteの引数)

その他

メッセージの大きさの制限

ゲストブックCGIは、メッセージデータが際限なく大きくならないように、入力項目に制限を設けています。制限される項目は以下の通りです。

制限される項目 制限内容
記事数 最大200件です。200を超えた場合は古い記事から順番に削除されます
メッセージ格納ファイル
1) ゲストブックCGIに投稿された記事は「/cgi-data/guestbook/guestbook.data[n]」と、いうファイルに格納されています。削除する記事が多い場合などには、このファイルを直接編集する事ができます。但し、CGI設定ウィザードで設定した漢字コードと同じコードで編集(アップロード)を行ってください。 (正常に表示されない可能性があります)なお、メモ帳など一部のテキストエディタではEUCコードを扱えませんのでご注意ください。
2) 「guestbook.data[n]」ファイルのフォーマット形式は、「メッセージ番号」「名前」「URL」「メールアドレス」「本文」「暗号化パスワード(文字列)」「IPアドレス」となっています。
3) 記事をファイルから直接削除する際には、必ず1つの書き込み全部を削除します。

トラブルシューティング

ゲストブックCGIをご使用になる際に、正常に動作しない場合のトラブルシューティングとしてご参照ください。

  • ※ CGI設定ウィザードをご使用中にエラーが表示された場合は、こちらをご参照ください。
DX掲示板にリンクする事ができません
以下の点を確認します。
1) ゲストブックCGIのアドレスの記述を間違えていませんか?記述は直接入力(半角)で行う必要があります。大文字小文字も区別されます。設置方法をご参照ください。
2) 設置したゲストブックの番号を間違えていませんか?CGI設定ウィザードで設定を行っていないゲストブックを指定しても、設定が作成されておりませんので表示されません。
正常に書き込み/表示ができません
以下の点を確認します。
1) テンプレートファイルのカスタマイズをした際に、必要項目を消去していませんか?テンプレートファイルのカスタマイズにより、必要項目を消去してしまったり、正常な値が入力されておりませんと、正しく表示/書き込みが出来ない場合があります。どうしても正しく動作しない場合には、CGI設定ウィザードを再度実行し、テンプレートファイルを初期の状態に戻してください。
2) 半角カタカナを使用されますと、正常な書き込み/表示が出来ません。記述や、文章中に使用されていても同様に書き込めない場合があります。