• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • よくあるご質問
    (au Q&A プラス)
    auの「よくあるご質問」と「みんなからの質問」を集めたQ&Aサイト
    au Q&A プラス
  • auショップでのお問い合わせ
    お近くのauショップが検索できます。
    auショップ検索

CGI基本設定:CGIマニュアル auone-netドメイン

au one netでは、アクセスカウンタCGI、掲示板CGI、チャットCGI等のCGIをご提供しています。
これらをご使用頂く場合には、CGI設定ウィザードより設定を行う必要もございます。

  • ※なお、au one netでご用意しているCGI以外(お客さまがご用意されたCGI等)は、動作致しませんのでご注意ください。

au one net提供CGIについて

CGIスクリプト

CGIスクリプトとは、掲示板・チャットのような情報交換を行う為のプログラムです。このプログラムが、情報を取り込みホームページに表示するような役割を果たしてくれます。

サーバではセキュリティの都合上、お客さまのディレクトリ内にCGIスクリプトが設置されているわけではありません。お客さまのディレクトリ内には「cgi-data」というディレクトリが設けられており、テンプレートファイル(設定ファイル)が設置されいます。

テンプレートファイルは、CGIスクリプトを呼び出した際に読み込まれ動作します。このテンプレートファイルをカスタマイズすることにより、ページのデザインなどを変更することが出来ます。詳細は各CGIのマニュアルをご参照ください。

  • ※テンプレートファイルをカスタマイズする際、HTML、CGIの知識が必要になりますので、ご理解頂いた上でご利用ください。
  • ※CGIスクリプトのカスタマイズは出来ませんので、ご注意ください。

CGIが実行される流れ

CGIが実行される流れ

テンプレートファイルをカスタマイズする際の注意事項

テンプレートファイルのカスタマイズにより、直接CGIプログラムを書き換える事は出来ません。
カスタマイズにより、提供させて頂いているCGIが正常な動作を行わない場合は、サポート致しかねますのでご了承ください。
カスタマイズする際、ホームページ作成ソフトをご利用頂きますと、独自の修正が加わりCGIが正常に動作しない場合があります。
カスタマイズには、テキストエディタ等(メモ帳)をご使用ください。

  • ※カスタマイズ等により、CGIが正常に動作をしなくなってしまった場合、CGI設定ウィザードで再度設定頂きますと初期の設定に戻す事が出来ます。

CGIを動作させる為の手順

はじめに、CGI設定ウィザードにてCGIの設定を行ってください。この作業を行わないとCGIを利用する事ができません。
ページを表示させ、動作確認を行います。正しく動作しない場合には、記入した文字列に間違いがある、又は、記入場所を間違えている等の可能性が考えられますので、各CGIのマニュアル、又は、CGIマニュアルのトラブルシューティングをご参照ください。

ファイルの設置

各CGIを使用する為に必要なHTMLファイル・画像ファイル等は、「htdocs」及び「cgi-data 」に転送します。

正しくファイルを設置しませんと、画像が表示されなかったり、CGIが機能しない場合があります。設置場所はCGIによって異なりますので、各マニュアルをご参照ください。

ディレクトリ構成
/(お客さまのrootディレクトリ)
|
|
|---htdocs
|
|
|---cgi-data

各CGIを使用する為に必要なHTMLファイル・画像ファイル等は、「htdocs」及び「cgi-data 」に転送します。

htdocs HTMLファイルや画像を転送しておくディレクトリ。お客さま作成のホームページ・画像を転送頂く場所です。
cgi-data CGI設定ウィザードを動作させますとこのディレクトリにテンプレート(設定ファイル)が作成されます。この中に、入っているファイルを直接変更されますと、正常な動作を行わない可能性があります。直接CGIプログラムが動作している場所ではありません。

カスタマイズ等の注意点
CGIプログラム内の「passwd.dat」ファイルを削除されますと、正常にCGI(CGI設定ウィザードも含む)が機能しない場合がありますのでご注意ください。

  • ※また1日経ちますと、「passwd.dat」ファイルは復元されます。