• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • よくあるご質問
    (au Q&A プラス)
    auの「よくあるご質問」と「みんなからの質問」を集めたQ&Aサイト
    au Q&A プラス
  • auショップでのお問い合わせ
    お近くのauショップが検索できます。
    auショップ検索

「定義データベースが破損しています」と表示される

Windowsをご利用の方

安心ネットセキュリティで、「定義データベースが破損しています」と警告がメインウィンドウや通知ウィンドウに表示されることがあります。

次の作業を行い、警告が表示されなくなることを確認します。

  • ※こうした現象は、安心ネットセキュリティのアップデート中に急にパソコンの電源が落ちた場合や、Windowsのシステムを復元した場合に発生することがあります。

アップデートを開始する

アップデートを手動で開始し、正常に完了するかしないかを確認します。正常に完了した場合は、破損したデータが修復され、パソコンは保護されます。

  1. STEP1

    安心ネットセキュリティのメインウィンドウ下部の、[アップデート]をクリックします。

    「定義データベースが破損しています」と表示される STEP1
  2. STEP2

    [アップデートの実行]をクリックしてアップデートを手動で開始します。

    「定義データベースが破損しています」と表示される STEP2

ロールバックしてからアップデートを開始する

ロールバックして前回のアップデートの状態にすることで、アップデートが正常に完了する場合があります。

  1. STEP1

    安心ネットセキュリティのメインウィンドウ下部の、[アップデート]をクリックします。

    「定義データベースが破損しています」と表示される STEP1
  2. STEP2

    下矢印アイコンをクリックして、表示されたメニューの[ロールバック]をクリックします。
    前回のデータベースへロールバックが可能な場合は、[ロールバック]が表示されます。

    • ※[前回のデータベースへロールバック]がない場合は、ロールバックしてからアップデートを開始することはできません。
    「定義データベースが破損しています」と表示される STEP2
  3. STEP3

    ロールバックの完了後、[アップデートの実行]をクリックします。
    アップデートが開始します。