• English
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

IPv6対応 via IPv4

auショップ検索
au IDについて

サポート情報

ご利用料金・契約内容の確認、各種お手続きはこちらから。

ポイントプログラム

お得なため方、つかい方をご確認いただけます。

パケット通信最適化ツール:ソフトウェアダウンロード

概要

「パケット通信最適化ツール」とは、パケット通信を行われる際、パソコンの設定を最適化するためのツールです。パケット通信の通信性能を最大限に活用するには、このソフトウェアによる通信設定が必要です。

機能

「パケット通信最適化ツール」は、RWIN (受信バッファサイズ) の値を下記の最適値に設定します。

64,240 Wシリーズのauケータイ
  • ※MTUについては、各OSともデフォルト設定で自動的に1500となるためレジストリ変更は不要。
  • ※auのパケット通信以外の通信環境 (ISDN/ADSLなど) での推奨値は異なりますので、お客さまの方で必要に応じて変更をお願いします。

動作環境

OS Windows® 98
Windows® 98 Second Edition
Windows® Me
Windows® 2000
Windows® XP
  • ※ただし日本語OSのみ対応。
ハードディスクの
空き容量
10MB以上
  • ※環境によって異なる場合があります。

操作方法

ご注意

  • 本ツールはWindows Vista®ではご利用の必要はありません。
  • 本ツールを使用しなくてもパケット通信を行うことはできますが、パケット通信性能が十分に発揮されない場合があります。
  • 本ツールはWindows® 98、Windows® 98 Second Edition、Windows® Me、Windows® 2000、Windows® XPに対応しているもので、Windows® 95、Windows® NTでは動作致しません。
  • 本ツールはRWIN値のみを変更するツールです。MTU値については変更致しません。
  • 本ツールでRWIN値を変更した場合、Windows® XP以外では、RWIN値はすべてのTCP/IP通信に適用されます。Windows® XPは、すべてのTCP/IP通信に適用するか、接続別に値を設定するかを選択することが可能です。
  • 本ツールでRWIN値を変更した後このツールをアンインストールしても設定値はそのまま保持されます。
  • Windows® 2000、Windows® XPを使用している場合は、管理者権限をもったユーザーでインストールしてください。それ以外のユーザーがインストールしようとすると、エラーメッセージが表示され、インストールできません。
  • Windows® 2000、Windows® XPを使用している場合は、管理者権限をもったユーザーで実行してください。それ以外のユーザーが実行しようとすると、エラーメッセージが表示され、実行できません。

MTU (IPパケットサイズ) について

「MTU」とは「Max Transfer Unit」の略で、一度に送信できるパケットサイズを決めるパラメータです。この値を小さくしすぎると、同じデータ量を送信するのに非常に多くのパケットが必要になる一方、この値を大きくしすぎると、細かなデータをたくさんやりとりする場合に効率が悪くなります。
MTUの大きさは、利用するネットワーク環境に応じて最も適切なものを設定することによって、データの転送がスムーズに行われるようになります。

RWIN (受信バッファサイズ) について

「RWIN」は「Receive Window Size」の略で、相手から送られてくるデータを一時的にパソコンに溜めておく容量 (バッファ) を決めるパラメータです。
データの送信側は、受信側のRWINのバッファがいっぱいになるまで次々にデータを送信します。データの受信側は、RWINのバッファがいっぱいになるとデータを受信し終わったことを送信側に伝えます。
この値を小さくしすぎると、送信側と受信側のやり取りが頻繁になり効率が悪くなる一方、この値を大きくしすぎると、通信状態が悪くデータがうまく受信できなかった時に問題が発生します。

ダウンロード

パケット通信最適化ツールのダウンロードはこちらから。

ダウンロード