• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • 迷惑メールでお困りの方へ

    迷惑メール・迷惑SMS(Cメール)の対策をご案内します。

技術仕様

EZwebのメールサーバ基本仕様について

RFC5321/5322 (RFC2821/2822、RFC821/822) に準拠したメール送信サーバと、通信することを想定した仕様となっています。

存在しないメールアドレスへのメール受信時の応答

EZwebメールサーバに既に存在しないメールアドレスを受信した場合などの応答は、『SMTPコード550番による応答 (メール受信処理中に応答) する方式』となります。
ただし、「受信者が何らかの理由で、メールを受信できない状況にある」といった、e-mailアドレスが存在するにも関わらずメールを受信できない状況にある場合に関しては、一旦メールを受信した後にエラーメール (NDR) として返信する場合もありますので、ご注意ください。

その他の確認事項

メールの送信方法やセキュリティー対策で、ファイヤーウォール (IP規制) などの設定に変更を加えている場合、EZwebからのエラーメールを受信していない可能性がございますので、今一度、エラーメールを受信しているか否かのご確認をお願い致します。

EZwebのメールサーバが受信できないもの

  • From/ToアドレスにFQDN形式で無いアドレスが含まれている。
  • 1通あたりのメールサイズが、3Mbyteを超えるメール。
  • 弊社ドメインあてでは無いもの。
  • 1通あたりのあて先数が、100あて先を超えるメール。
    (101個以上指定した場合は100個までは受信し、101個以降はエラーコード400番台を返信し、セッションを切断致しますのでご注意ください。)

EZwebあてにメール送信する際の禁止行為

EZwebメールサーバを含むauのネットワーク設備の負荷を高め、安定したサービス提供に支障をきたす恐れがあるため、以下のような送信はしないよう送信元にてご配慮をお願い致します。

  • 存在しないメールアドレスに大量のメールを送信する行為。
    詳細については「メール送信時のお願い」をご覧ください。

    メール送信時のお願い

メールアドレスの管理については「存在しないメールアドレスへの受信時の応答」をご覧ください。

EZwebのメールサーバのIPアドレスについては「EZwebメールサーバIPアドレス情報」をご覧ください。

EZwebメールサーバIPアドレス情報

  • 同時に多数、もしくは長時間SMTPセッションを占有して送信する行為。
  • 存在しないFromアドレス・ドメインからメールを送信する行為。
    Aレコード、MXレコードが存在しないもの。
  • エラーメールを正常 (通常数秒以内) に受け取れない設備からメールを送信する行為。
  • 短時間に著しく大量のメールを送信する行為。
    詳細については「メール送信時のお願い」をご覧ください。

    メール送信時のお願い

  • IPアドレスが逆引きできない送信元からメールを送信する行為。
    (DNSの設定をするにあたり、プライマリ・セカンダリの両方を設定してください)
  • EHLO/HELOドメインが不正もしくはEHLO/HELOコマンドのないSMTP接続をする行為。
  • 不正なメールヘッダを持つメール。

EZwebメールサーバが輻輳の場合や輻輳の恐れがある場合の振る舞い

弊社サーバは受信ブロックや輻輳状態となった場合には「TCPのRESET」で応答するか「無応答」となります。

その他の注意事項

動的IPアドレス空間からのEZwebメールサーバへの直送信について

ボットネット(注1)などで動的IPアドレスからあて先メールサーバヘの直接接続して送信して来るフィッシングメール・迷惑メールの防止策として、動的IPアドレスからメールの直送信を規制するOP25B(Outbound Port 25 Blocking)が国内ISPのほとんどで採用されております。これにより、動的IPアドレスからEZwebへメールを直接送信ができない場合がございますので、OP25Bを実施している、もしくは実施の予定があるかどうかについては、ご契約されているISPにお問い合わせください。

  • 注1)ボットネット: 「トロイの木馬」などのウィルスに感染した複数のパソコンが外部から遠隔操作され、他のネットワーク、サイトへの攻撃や迷惑メールの送信などを行う組織化されたネットワーク。

送信ドメイン認証対応SPFレコードの記述について

送信ドメイン認証技術であるSPF(Sender Policy Framework)レコードをDNSで公開することで、ドメインなりすましによるフィッシングメール・迷惑メールの防止判定に活用することができます。
EZwebにメールを送信される送信元のメールサーバ管理者さまにおかれましても、正当なメール送信元を明らかにするSPFレコードの記述していただきますようお願い致します。

SPFレコードの記述につきましては、以下のExperimental RFC4408を参照してください。

RFC4408(英文)
Sender Policy Framework(SPF)for Authorizing Use of Domains in E-Mail, Version 1

  • ※From/Toは、エンベロープFrom/To(SMTPのMAIL/RCPTコマンドで指定されるもの)を意味します。