• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索

いまさら聞けない「LTE」っていったい何?

auの4G LTEについて、誰でもわかるカンタン解説!

そもそも「LTE」って何?

Long Term Evolutionの略で、現在の第3世代携帯電話(3G)を進化させた通信規格です。

Long Term Evolutionの略で、現在の第3世代携帯電話(3G)を進化させた通信規格です。

従来の通信規格よりも圧倒的に速度が速く、たくさんのデータを一度に送受信できるのが特徴です。スマホが急速に普及している現代社会に適した通信規格と言えます。

「LTE」ってどのくらい速いの?

LTEなら3Gの約15倍※速い!受信最大150Mbps超!

LTEなら3Gの約15倍※速い!受信最大150Mbps超!

LTEは、データ受信速度が最大150Mbpsの高速通信を実現しています。ただし、LTEの通信速度は、同じ通信会社のLTEでもエリアや対応機種によって最大受信速度が37.5Mbps / 75Mbps / 100Mbps / 150Mbps などと異なります。

  • ※auの3G(WIN HIGH SPEED 受信9.2Mbps)とLTE(受信150Mbps)を比較した場合
  • ※技術規格上の理論値での比較です。

「LTE」 と 「プラチナバンド」 の関係は?

大きな建物も電波が回りこむから都心のビル街でもつながりやすい!

大きな建物も電波が回りこむから都心のビル街でもつながりやすい!

プラチナバンドは、つながりやすさに関係しています。
通信規格のLTEに対し、プラチナバンドは電波の周波数帯域 (700MHz-900MHz帯)のこと。
この帯域は電波が遠くまで届きやすく、大きな建物もまわりこむので都心のビル街や室内でもつながりやすいという特性があります。

プラチナバンドのLTEは、「つながりやすい」「速い」の両方のいい部分を生かすことができるのです。

  • ※auでは800MHzの周波数を採用しています。

  • ※「4G LTE」「3G通信」はベストエフォート型サービスです。
  • ※記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。
  • ※エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。

auの4G LTE対象スマートフォンはこちらでチェック

auの4G LTEの料金はこちら

auの4G LTE(Android™)ネットワークの詳しい情報はこちら