• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
緊急速報メールや災害時の安否確認いざという時に役立つアプリです。au災害対策はこちら
TIME&SPACE 連載「通信×防災」 もしものときのスマホ活用術

4.将来の取り組み:災害対策への取り組み

4. 将来の取り組み

船舶型基地局の実用化

KDDIは、総務省中国総合通信局が主催する「災害時における携帯電話基地局の船上開設に向けた調査検討会」に参加しました。国内初の取り組みとして海上保安庁の船舶に携帯電話基地局 (実験試験局) を開設し、商用と同等の電波を用いた携帯電話システムとしての品質を検証する実地試験を実施しました。
災害などで通信障害が発生しているサービスエリアを早期に復旧させるため、車載型基地局、可搬型基地局、無線エントランス回線の増強などさまざまな取り組みを行っていますが、陸上での復旧に加え、陸上の被災状況に影響されない海上からの復旧を行うことで、サービスエリアの更なる早期復旧を目指します。
現在も海上保安庁の船舶と実地実験を行っており、携帯電話基地局の船上開設の実用化を推進しています。

図: 船舶型無線基地局の実証実験実施

携帯電話基地局の船上開設に向けた実地試験