• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
各種設定・使い方ガイド

iPhone サイトマップ

iOS アップデート方法

お知らせ
iOS7へアップデートを行うと、メールアプリ内の「Drafts」フォルダ(※)が表示されなくなります。「Drafts」フォルダにメールを保存していないかご確認いただき、保存している場合は、iOS7へアップデート前に「Drafts」フォルダのメールを別のフォルダへの移動をお願いします。
※「Drafts」フォルダとは、送受信したメールをお客様自身で個別に移動し保存できるフォルダです。お客様の送信前のメールを一旦保存する「下書き」フォルダはiOS 7アップデート後も表示されます。

【その他iOS7をご利用になる際のご注意点はこちら

重要アップデートとバックアップについて

iOSのアップデートを行うことで、iPhone 5の様々な新しい機能をご利用いただく事が可能となります。
アップデート方法には、iPhoneのみで行う方法と、iTunes(パソコン)を使う方法があります。

アップデートにて本体に登録された各種データや設定情報が変更されることはございませんが、お客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がございます。
大切なデータがある場合は必ずバックアップを取ってからアップデートを実施してください。

バックアップ方法の詳細はこちら

【アップデートが完了しない場合】
アップデートが完了せずiTunesへの接続を促すようなマークが表示された場合は、自動的にリカバリモードになっていることがあります。
こちらをご確認いただき、iTunesを使って復元をお試しください。

iPhoneでアップデートする方法

■自動通知から行う場合

  • ①iPhoneを電源に接続してください。

  • ②「設定」をタップします。

    ②「設定」をタップします。

  • ③「Wi-Fi」に接続してください。接続していない場合は、「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiネットワークに接続してください。

    ③「Wi-Fi」に接続してください。接続していない場合は、「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiネットワークに接続してください。

  • ④「一般」をタップします。

    ④「一般」をタップします。

  • ⑤「ソフトウェアアップデート」をタップします。

    ⑤「ソフトウェアアップデート」をタップします。

iOS6.0.0からアップデートを行う場合は⑥〜⑨の手順が必要です。
iOS6.0.1以降からアップデート行う場合は、⑥〜⑨を飛ばして⑩から行ってください。

  • ⑥「詳しい情報」をタップします。

    ⑥「詳しい情報」をタップします。

  • ⑦「ダウンロードしてインストール」をタップします。

    ⑦「ダウンロードしてインストール」をタップします。

  • ⑧「インストール」をタップします。

    ⑧「インストール」をタップします。

  • ⑨「iOS Updater」アプリがインストールされますので、「OK」をタップします。

    ⑨「iOS Updater」アプリがインストールされますので、「OK」をタップします。
    ※「iOS Updater」アプリはアップデート完了後自動的に消去されます。

  • ⑩「インストール」をタップします。

    ⑩「インストール」をタップします。

  • ⑪利用条件をお読みいただき、「同意する」をタップします。

    ⑪利用条件をお読みいただき、「同意する」をタップします。

  • ⑫ダウンロード中です。ダウンロードが終了するまでお待ちください。

    ⑫「同意する」をタップします。

  • ⑬ダウンロード中です。ダウンロードが終了するまでお待ちください。

    ⑬ダウンロード中です。ダウンロードが終了するまでお待ちください。

  • ⑭ダウンロード後、「インストール」をタップするとアップデートが行われます。(何も押さなければ自動で開始します)、再起動が始まります。

    ⑭ダウンロード後、「インストール」をタップするとアップデートが行われます。(何も押さなければ自動で開始します)
    この後、再起動が始まります。

  • ⑮アップデート完了後、上の画面のようになります。

  • ⑯しばらくお待ちいただくと、言語が入れ替わって表示されます。
    「スライドで設定」を左から右にスライドします。

  • ⑰アップデート前にパスコードを設定されていた方は「パスコードを入力」と表示されますので入力します。
    ※アップデート前にパスコードを設定されていない場合はこの画面は表示されません。

  • ⑱「続ける」をタップします。

  • ⑲「日本語」をタップします。「言語を設定中」と表示されます。

  • ⑳「日本」をタップします。

  • ㉑ご利用になるキーボードをタップし、「次へ」をタップします。

  • ㉒ご利用になるWi-Fiネットワークをタップし、パスワードを入力します。既にWi-Fi接続されている場合は「次へ」をタップします。
    ※Wi-Fi環境が無い場合は、下に表示される「モバイルデータ通信回線を使用」をタップします。

  • ㉓画面の表示になりますのでしばらくお待ちください。

  • ㉔位置情報サービスのオン・オフを選択してタップします。
    ※「iPhoneを探す」等位置情報サービスを使った機能を使う場合はオンにすることをおすすめします。

アップデート前にiCloudを設定されていた場合には㉕〜㉗の手順が必要です。

  • ㉕iCloudのパスワードを入力します。
    設定されない(後で設定する)場合は「この手順をスキップ」をタップします。

  • ㉖利用規約をお読みいただき、「同意する」をタップします。

  • ㉗「同意する」をタップします。

  • ㉘「パスコードを作成」の画面が表示されますパスコードを設定する場合は、4桁の数字ををタップします。(手順㉙へ)
    パスコードを設定されない場合は「パスコードを追加しない」をタップします。(手順㉚へ)

  • パスコードとは?
    iOS7ではセキュリティ向上を目的として、お客様自身で設定する「パスコード」を新たに入れさせる仕組みをアクティベート手順の中に盛り込んでいます。
    パスコードを設定すると電源を入れた際やスリープ状態から解除する際に「パスコード」の入力を求められるようになり、他人が容易に見れないようにセキュリティを高めることができます。

  • ㉙パスコードの組み合わせが簡単だと他人に推測されやすいことの注意喚起が表示されます。
    変更して再設定される場合は「変更」を、このまま設定したい場合は「コードを使用」をタップします。

  • ㉚手順㉘で「パスコードを追加しない」をタップした場合、「本当に追加しませんか?」と注意喚起の表示がされます。
    パスコートをやはり設定したい場合は「パスコードを追加」を、設定しない場合は「続ける」をタップします。

  • ㉛パスコードを設定した場合、再入力を求められますので、再入力します。

  • ㉜「Siri」を使用するか使用しないか選択します。

  • ㉝診断機能を使用するか使用しないか選択します。

  • ㉞「iPhoneを探す」の設定が表示される場合があります。使用する場合は、画面に沿って設定を進めます。

  • ㉟「さあ、はじめよう!」をタップします。

  • ㊱「了解」をタップします。以上でアクティベーション完了です。

  • ㊲アップデートを完全に反映させるため、再度電源のオフ→オンを行ってください。

■手動で行う場合

  • ①iPhoneを電源に接続してください。

  • ②「設定」をタップします。

    ②「設定」をタップします。

  • ③「Wi-Fi」に接続してください。接続していない場合は、「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiネットワークに接続してください。

    ③「Wi-Fi」に接続してください。接続していない場合は、「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiネットワークに接続してください。

  • ④「一般」をタップします。

    ④「一般」をタップします。

  • ⑤「ソフトウェアアップデート」をタップします。

    ⑤「ソフトウェアアップデート」をタップします。
    ※アップデートの必要がなければ、「iOS X.X お使いのソフトウェアは最新です。」と表示されます。

iOS6.0.0からアップデートを行う場合は⑥〜⑨の手順が必要です。
iOS6.0.1以降からアップデート行う場合は、⑥〜⑨を飛ばして⑩から行ってください。

  • ⑥「詳しい情報」をタップします。

    ⑥「詳しい情報」をタップします。

  • ⑦「ダウンロードしてインストール」をタップします。

    ⑦「ダウンロードしてインストール」をタップします。

  • ⑧「インストール」をタップします。

    ⑧「インストール」をタップします。

  • ⑨「iOS Updater」アプリがインストールされますので、「OK」をタップします。

    ⑨「iOS Updater」アプリがインストールされますので、「OK」をタップします。
    ※「iOS Updater」アプリはアップデート完了後自動的に消去されます。

  • ⑩「ダウンロードしてインストール」をタップします。

    ⑩「ダウンロードしてインストール」をタップします。

  • ⑪利用条件をお読みいただき、「同意する」をタップします。

    ⑪利用条件をお読みいただき、「同意する」をタップします。

  • ⑫ダウンロード中です。ダウンロードが終了するまでお待ちください。

    ⑫「同意する」をタップします。

  • ⑬ダウンロード中です。ダウンロードが終了するまでお待ちください。

    ⑬ダウンロード中です。ダウンロードが終了するまでお待ちください。

  • ⑭ダウンロード後、「インストール」をタップするとアップデートが行われます。(何も押さなければ自動で開始します)、再起動が始まります。

    ⑭ダウンロード後、「インストール」をタップするとアップデートが行われます。(何も押さなければ自動で開始します)
    この後、再起動が始まります。

  • ⑮アップデート完了後、上の画面のようになります。

  • ⑯しばらくお待ちいただくと、言語が入れ替わって表示されます。
    「スライドで設定」を左から右にスライドします。

  • ⑰アップデート前にパスコードを設定されていた方は「パスコードを入力」と表示されますので入力します。
    ※アップデート前にパスコードを設定されていない場合はこの画面は表示されません。

  • ⑱「続ける」をタップします。

  • ⑲「日本語」をタップします。「言語を設定中」と表示されます。

  • ⑳「日本」をタップします。

  • ㉑ご利用になるキーボードをタップし、「次へ」をタップします。

  • ㉒ご利用になるWi-Fiネットワークをタップし、パスワードを入力します。既にWi-Fi接続されている場合は「次へ」をタップします。
    ※Wi-Fi環境が無い場合は、下に表示される「モバイルデータ通信回線を使用」をタップします。

  • ㉓画面の表示になりますのでしばらくお待ちください。

  • ㉔位置情報サービスのオン・オフを選択してタップします。
    ※「iPhoneを探す」等位置情報サービスを使った機能を使う場合はオンにすることをおすすめします。

アップデート前にiCloudを設定されていた場合には㉕〜㉗の手順が必要です。

  • ㉕iCloudのパスワードを入力します。
    設定されない(後で設定する)場合は「この手順をスキップ」をタップします。

  • ㉖利用規約をお読みいただき、「同意する」をタップします。

  • ㉗「同意する」をタップします。

  • ㉘「パスコードを作成」の画面が表示されますパスコードを設定する場合は、4桁の数字ををタップします。(手順㉙へ)
    パスコードを設定されない場合は「パスコードを追加しない」をタップします。(手順㉚へ)

  • パスコードとは?
    iOS7ではセキュリティ向上を目的として、お客様自身で設定する「パスコード」を新たに入れさせる仕組みをアクティベート手順の中に盛り込んでいます。
    パスコードを設定すると電源を入れた際やスリープ状態から解除する際に「パスコード」の入力を求められるようになり、他人が容易に見れないようにセキュリティを高めることができます。

  • ㉙パスコードの組み合わせが簡単だと他人に推測されやすいことの注意喚起が表示されます。
    変更して再設定される場合は「変更」を、このまま設定したい場合は「コードを使用」をタップします。

  • ㉚手順㉘で「パスコードを追加しない」をタップした場合、「本当に追加しませんか?」と注意喚起の表示がされます。
    パスコートをやはり設定したい場合は「パスコードを追加」を、設定しない場合は「続ける」をタップします。

  • ㉛パスコードを設定した場合、再入力を求められますので、再入力します。

  • ㉜「Siri」を使用するか使用しないか選択します。

  • ㉝診断機能を使用するか使用しないか選択します。

  • ㉞「iPhoneを探す」の設定が表示される場合があります。使用する場合は、画面に沿って設定を進めます。

  • ㉟「さあ、はじめよう!」をタップします。

  • ㊱「了解」をタップします。以上でアクティベーション完了です。

  • ㊲アップデートを完全に反映させるため、再度電源のオフ→オンを行ってください。

【参考情報】

・ ソフトウェアアップデートが提供されると、順次自動的にアップデートファイルがダウンロードされ、アップデートを行うまでは「設定」に 赤いアイコンバッジが表示されます。

・iPhoneのみでアップデートを行う場合、iPhoneの容量が不足しているとアップデートできません。「このアップデートには x.x GB 以上の空き領域が必要です」というメッセージが表示される場合には、iTunes を使ってアップデートをするか、不要になったコンテンツ(特に容量の大きいアプリやビデオなど)の削除をお願いいたします。

データのバックアップ方法

万が一に備え、定期的にバックアップを行うことをおすすめいたします。
バックアップはiTunesを使う方法とiCloudを使う方法があります。

iTunesを使う方法はこちら

iCloudを使う方法はこちら

アンケートにご協力ください。

この質問・回答は役に立ちましたか?

  • TM and © 2016 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Apple のロゴ、FaceTime、GarageBand、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCareは、Apple Inc.のサービスマークです。