• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
各種設定・使い方ガイド

iPhone サイトマップ

iOS アップデート方法

※ご注意 iOS6.0.1以前のお客さまで、エラーが表示されWi-Fi環境でアップデートが完了出来ない場合は、iTunesからアップデートをされることをおすすめします。

重要アップデートとバックアップについて

iOSのアップデートを行うことで、iPhone 5の様々な新しい機能をご利用いただく事が可能となります。
アップデート方法には、iPhoneのみで行う方法と、iTunes(パソコン)を使う方法があります。

アップデートにて本体に登録された各種データや設定情報が変更されることはございませんが、お客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がございます。
大切なデータがある場合は必ずバックアップを取ってからアップデートを実施してください。

バックアップ方法の詳細はこちら

【アップデートが完了しない場合】
アップデートが完了せずiTunesへの接続を促すようなマークが表示された場合は、自動的にリカバリモードになっていることがあります。
こちらをご確認いただき、iTunesを使って復元をお試しください。

パソコンを利用しiTunesでアップデートする方法

  • ①「ヘルプ」→「更新プログラムを確認」をクリックし、iTunesのバージョンを最新かどうか確認します。
    バージョンが最新ではない場合は、更新が行われます。(Macの方は左上の「リンゴのマーク」→「ソフトウェア・アップデート」をクリックしてください。)

  • ②付属の USB ケーブルを使って、iPhoneをコンピュータに接続します。

  • ③iTunes が起動した後、左側のデバイス欄に、接続したお客さまのiPhoneの名前(○○のiPhone)が表示されたらお客さまのiPhoneの名前をクリックします。

  • ④「概要」パネルの「アップデートを確認」をクリックして、利用可能なアップデートがあるかどうかを確認します。

  • ⑤「ダウンロードしてインストール」をクリックし、アップデート内容と利用規約をご確認いただき、画面に従ってアップデートを行ってください。
    アップデートが終了するまで、iPhoneの接続を解除しないでください。

※ご注意

iPhoneとテザリング接続をしているパソコンを利用したiTunesでのアップデートは行わないでください。アップデートが完了出来なくなる恐れがございます。
アップデートが中断され、iPhoneの画面にiTunesへの接続を促すようなマークが表示された場合は、自動的にリカバリモードになっていることがございます。
こちらをご確認いただき、パソコンがインターネットに接続出来る環境で、最新のバージョンのiTunesを利用して復元をお試しください。

【参考情報】

iTunesでiPhoneをアップデート(または復元)しても、アップデートが完了しない場合や、iTunesでiPhoneが認識されない場合はこちらをご参照ください。
また、iTunesでアップデートの際にエラーメッセージが表示された場合は、こちらをご参照ください。

データのバックアップ方法

万が一に備え、定期的にバックアップを行うことをおすすめいたします。
バックアップはiTunesを使う方法とiCloudを使う方法があります。

iTunesを使う方法はこちら

iCloudを使う方法はこちら

アンケートにご協力ください。

この質問・回答は役に立ちましたか?

  • TM and © 2016 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Apple のロゴ、FaceTime、GarageBand、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCareは、Apple Inc.のサービスマークです。