• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索

送信メールのウイルスチェック機能:ウイルス撃退送信チェック&駆除(プロバイダ au one net)

送信メールに添付されているファイルについて、メール送信の都度、ウイルスに感染していないかチェックします。ウイルスを検知した場合は、ウイルスを駆除または削除して送信し、送信者に警告メールが送られます。だから、万一ウイルスに感染してしまっても、知らないうちにウイルスメールを知人にばらまく心配がありません!

ウイルスチェックイメージ

図:ウイルスチェックイメージ

ウイルスチェック対象について

送信メールに添付されているファイルについて、ウイルスに感染していないかチェックします。圧縮ファイルについては、以下の形式で圧縮された添付ファイルがウイルスチェックの対象となります。

検知/駆除/削除が可能

GZIP(0-8)、Z(compress)、ZIP、TAR、自己解凍zip、text、Microsoftリッチテキスト形式(TNEF)

検知/削除が可能

AMG、arj、cab、bzip2、LHA(1,4,5)、自己解凍lzh、rar(2.X, 3.0に対応)、rft、OLE Structured Storage(.doc .xlsなど) 、LZEXE

<ご注意>

  • 圧縮ファイルについては、11段階の圧縮まで、解凍サイズは512MBまでウイルス検知可能です。この制限を越えるファイルについては、対象のファイルがウイルスに感染している/いないに関わらず、メールの送信ができません。
  • 対応ウイルスは、シマンテック社が把握し、au one netで対応可能となっているウイルスが対象となります。
  • シマンテック社エンジンの仕様により、ウイルス駆除後のファイル名および元メールの本文が正しく表示されない場合があります。

ウイルス検出時の動作について

ウイルスを検知した場合、ウイルスを駆除または削除して送信し、送信者に警告メールが送られます。

駆除可能なウイルス感染時のお知らせメール内容

ウイルスに感染してしまったら

ウイルス感染のお知らせメールが届いても慌てない!
『ウイルス撃退送信チェック&駆除』なら、万一自分のパソコンがウイルスに感染してしまっても、即座にウイルスを駆除することができます!

PCオンラインウイルス駆除機能