au by KDDI 開発者向け技術情報はこちら EZfactory

ヘルプ | サイトマップ

EZfactoryサイト内検索

WEBページ マルチメディア・コンテンツ 技術情報 ダウンロード
技術情報
機種別情報一覧

JPEGコンバータ

GIF画像

ランチャーアイコン

バーコード

テキスト表示

Phone to機能

Mail to機能

URL to機能

アドレス帳一括入力機能

EZナビウォーク連携機能

メール送信データ自動挿入機能

ソフトウェア仕様許諾契約 (2次元コードメーカー (QRコード作成ソフト) ダウンロード)

絵文字

ダウンロードCGI

EZムービー

EZアプリ (J)

オープンアプリ

簡易位置情報

IPアドレス帯域

デコレーションメール

マルチメディアデータ

auケータイクーポン

地図リンクサービス



メール送信データ自動挿入機能



Mail to機能と連携して、宛先 (TO) 、件名 (SUBJECT) 、本文 (BODY) のデータを一括して自動挿入します。

図: メール送信データ自動挿入機能

規定タグ


「メール送信データ自動挿入機能」を利用する場合、開始タグは必ずMAILTO: でなければなりません。
MAILTO: 以外のタグが利用された場合には「メール送信データ自動挿入機能」は有効となりません。

タグ
仕様
MAILTO: *
(「MAILTO:」は半角)
メール送信画面の「宛先 (TO) 」にセットする文字列 (「*」は連続するASCII 英数字 (0x21〜0x7E) を1文字以上で指定します。
但し、次の文字列が含まれる場合にはメールアドレスとして認識されません。
¥ [ ] " ' ( ) ¦ ` { } < > # , : ;
複数のメールアドレスを指定する場合は, (カンマ) 区切りで連続して指定します。
認識可能な文字列は64Byte、上限を超える場合は超えた部分が無視されます。
文字列の最後は改行コード (CR/LF) が必須です。
BODY: *
(「BODY:」は半角)
メール送信画面の「本文 (BODY) 」にセットする文字列 (「*」は連続するS-JISコード (漢字、ひらがな、カタカナ、数字、記号、英文字、ギリシャ文字、ロシア文字) ) を0文字以上で指定します。 (注1)
認識可能な文字列は10,000Byte、上限を超える場合は超えた部分が破棄されます。
文字列の最後は改行コード (CR/LF) が必須です。 (注2)
SUBJECT: *
(「SUBJECT:」は半角)
メール送信画面の「件名 (SUBJECT) 」にセットする文字列 (「*」は連続するS-JISコード (漢字、ひらがな、カタカナ、数字、記号、英文字、ギリシャ文字、ロシア文字) ) を0文字以上で指定します。
認識可能な文字列は100Byte、上限を超える場合は超えた部分が破棄されます。
文字列の最後は改行コード (CR/LF) が必須です。 (注2)

注1)  メール本文中に改行を利用することはできません。
注2)  0文字の場合も改行コード (CR/LF) が必須です。

このページの先頭へ




Designing The Future KDDI
au 電話・インターネット 法人サービス 会社情報
  ここから当ウェブサイトの情報についてのメニューです。
免責事項 リンクについて 推奨環境 プライバシーポリシー Copyright © KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.