au by KDDI 開発者向け技術情報はこちら EZfactory

ヘルプ | サイトマップ

EZfactoryサイト内検索

WEBページ マルチメディア・コンテンツ 技術情報 ダウンロード
技術情報
機種別情報一覧

JPEGコンバータ

GIF画像

ランチャーアイコン

バーコード

テキスト表示

Phone to機能

Mail to機能

URL to機能

アドレス帳一括入力機能

EZナビウォーク連携機能

メール送信データ自動挿入機能

ソフトウェア仕様許諾契約 (2次元コードメーカー (QRコード作成ソフト) ダウンロード)

絵文字

ダウンロードCGI

EZムービー

EZアプリ (J)

オープンアプリ

簡易位置情報

IPアドレス帯域

デコレーションメール

マルチメディアデータ

auケータイクーポン

地図リンクサービス



バーコード


はじめに


auでは、バーコード (JANコード) やバーコード (QRコード) などのコードリーダ (読み取り機能) を搭載したバーコード対応端末を発売しています。
本ページではEZweb対応端末に実装されるコードリーダで読み取り可能なコードの仕様について説明します。
なお、QRコードは標準化された仕様のためマルチキャリアに対応しています。
一部の独自拡張機能をのぞく基本機能 (テキスト表示、Phone to、URL to、Mail to) については、EZwebをはじめ他のキャリアのバーコード対応端末で読み取り・認識が可能です。

QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

バーコードの特徴


これまで主流であったバーコード (1次元コード) は、横方向にしか情報を持たせることができませんでしたが、バーコード (QRコード) では垂直方向と水平方向のそれぞれに情報を持たせられるため大容量の情報をコード化できるようになりました。
バーコード (QRコード) には次のような特徴があります。

大容量の情報をコード化

英数字の場合、仕様上は最大で (注1) 約4,296文字の情報をコード化できます。

注1)  実際に扱える文字数は端末によって異なります。

小さな印字が可能

同じ情報量なら、バーコードの約1/10程度の大きさで表現できます。

かな・漢字の表現が可能

バーコードでは使用できなかった、かな・漢字のコード化ができます。

全方向から高速に読み取れる

切り出しシンボルにより、360゜全方向から読み取りができます。

汚れ・破損があっても情報を復元できる

誤り訂正機能により、一部の汚れや破損の場合、データを復元、識別することが可能です。

バーコードの利用シーン


バーコードスピードくじ

味気ない『くじ引き』も、バーコードとコンテンツを融合させることで、ちょっとしたイベントアトラクションとなります。
その他には、各種チケットやデジタルクーポン券としての利用も可能です。

図: バーコードスピードくじイメージ

機能概要


EZwebで利用可能なバーコードの機能は次の通りです。

テキスト表示

テキスト表示

Phone to機能

Phone to機能

Mail to機能

Mail to機能

URL to機能

URL to機能

アドレス帳一括入力機能

アドレス帳一括入力機能

EZナビウォーク連携機能

EZナビウォーク連携機能

メール送信データ自動挿入機能

メール送信データ自動挿入機能

基本仕様


対応するコード

種類
仕様
JANコード
13桁モード (標準タイプ)
8桁モード (短縮タイプ)
バーコード
QRコード (モデル2)

バーコード仕様

種類
仕様
備考
モデル
モデル2
 
バージョン
1〜10以上
バージョン15程度まで読み取りは可能ですが、ご利用の環境によっては読み取りの認識率が落ちる場合がありますのでご注意ください。
誤り訂正レベル
L, M, Q, H
雑誌等への掲載はM以上推奨
マージン
最小4セル
 
セルピッチ
0.25mm以上
雑誌等への掲載は0.3mm以上推奨
モード
数字モード
0から9 (ASCII値: 0x30〜0x39)
英数字モード
0から9 (ASCII値: 0x30〜0x39)
A〜Z (ASCII値: 0x41〜0x5A)
スペース、$、%、*、+、-、.、/、: (ASCII値: 0x20,0x24,0x25,0x2A,0x2B,0x2D〜0x2F,0x3A)
8ビッドバイトモード
JIS X 0201 (ASCII値0x00〜0xFF) に基づく文字
漢字モード
JIS X 0208 に基づくShift-JIS漢字
混在モード
数字モード、英数字モード、8ビットバイトモード、漢字モードの組み合わせ

W21SAは、大きさが約2.5cm四方を超えるバーコードは正常に読み取れない場合がありますので、ご注意ください。

バーコードの作成


EZweb対応のバーコードを作成するためには、EZweb対応QRコード作成ソフト「2次元コードメーカー (QRコード作成ソフト) 」が必要です。

2次元コードメーカー (QRコード作成ソフト) ダウンロード

なお、EZwebで利用可能なバーコードは、汎用のQRコード作成ソフトでも作成できます。
汎用ツールを利用する場合は、ツールのテキスト入力機能を使用して、上述の機能概要で説明している規定の文字列またはタグを指定します。

〈「テキスト入力機能」を利用した場合の記述例〉
MEMORY: あいうえお
NAME1: 佐々木 花子
NAME2: ササキ ハナコ
MAIL1: hanako@hogehoge.jp
MAIL2: hana@foo.com
MAIL3: s-hana@dummy.jp
TEL1: 03-xxxx-zzzz
TEL2: 090-xxxx-zzzz
TEL3: 070-xxxx-zzzz
ADD: 東京都…

各項目の最後には改行が必須です。

2次元コードメーカーの動作環境

種類
仕様
OS
Windows Me/NT4.0/2000/XP Home/XP Pro
CPU
Pentium2 233Mhz 以上
メモリ
128MB以上
ハードディスク
10MB以上の空き容量
ディスプレイ
800×600ピクセルHighcolor (16ビット) 表示可能なディスプレイ

このページの先頭へ




Designing The Future KDDI
au 電話・インターネット 法人サービス 会社情報
  ここから当ウェブサイトの情報についてのメニューです。
免責事項 リンクについて 推奨環境 プライバシーポリシー Copyright © KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.