au by KDDI 開発者向け技術情報はこちら EZfactory

ヘルプ | サイトマップ

EZfactoryサイト内検索

WEBページ マルチメディア・コンテンツ 技術情報 ダウンロード
技術情報
機種別情報一覧

JPEGコンバータ

GIF画像

ランチャーアイコン

バーコード

絵文字

ダウンロードCGI

EZムービー

EZアプリ (J)

オープンアプリ

簡易位置情報

IPアドレス帯域

デコレーションメール

デコレーションメール送受信条件

テンプレート概要

サポートタグ

デコレーション絵文字

マルチメディアデータ

auケータイクーポン

地図リンクサービス



テンプレート概要


デコレーションメールテンプレートとは、デコレーションメール対応端末で新規デコレーションメール作成時に利用可能なテンプレートの事です。
デコレーションメール新規作成時にテンプレート (拡張子khm) を読み込むことで、端末は本文にその内容を反映します。
ユーザはテンプレートファイルをダウンロードし端末に保存することで、簡単にデコレーションメールを作成することが可能となります。
デコレーションメールテンプレートファイルは「KDDI_HTML_MAIL_1_0」、「KDDI_HTML_MAIL_2_0」「KDDI_HTML_MAIL_3_0」で始まるテキストファイルで、デコレーションメール対応端末種別により、対応するテンプレートバージョンが異なります。

デコレーション対応端末種別とテンプレート対応バージョンの関係

対応端末種別
テンプレート対応バージョン
デコレーションメール (10KB)
KDDI_HTML_MAIL_1_0
デコレーションメール (100KB)
KDDI_HTML_MAIL_1_0
KDDI_HTML_MAIL_2_0
デコレーションメール (100KB・FLASHファイル)
KDDI_HTML_MAIL_1_0
KDDI_HTML_MAIL_2_0
KDDI_HTML_MAIL_3_0

デコレーションメールテンプレートフォーマット (Ver.1)

デコレーションメールVer.1テンプレートファイルは「KDDI_HTML_MAIL_1_0」で始まるテキストファイルです。ファイルの仕様は下表のとおりです。

ファイル形式
テキスト形式
拡張子
.khm
MIME-type
application/x-kddi-htmlmail
Disposition
dev1htm
最大ファイルサイズ
13KB (注1)
挿入できる画像データの最大数 (注2)
5

注1)  Text/htmlパート、text/plainパート、エンコード前画像サイズの合計は10000byte未満。エンコードの後の.khmファイルが最大13KB。
注2)  同一の画像 (同cid) は複数回挿入が可能です。

テンプレートファイルの作成のオーサリングツールは特に提供しておりませんので、テキストエディタなどを使用して作成してください。

デコレーションメールテンプレート構成 (Ver.1)

KDDI_HTML_MAIL_1_0改行
MIME-Version: 1.0改行
Content-Type: multipart/mixed; boundary="--=_KDDI_NEXT_PART_0000"改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: text/html; charset="iso-2022-jp"改行
Content-Transfer-Encoding: 7bit改行
改行
[HTML本文内容 (ISO-2022-JP でエンコードされたもの)]
<IMG SRC= "cid:img_cid_000">

<IMG SRC= "cid:img_cid_004">改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: image/jpeg; name="xxx.jpg"改行
Content-Transfer-Encoding: base64改行
Content-ID:<img_cid_000>改行
改行
JPEGファイルを Base64 エンコードした文字列
改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: image/gif; name="xxx.gif"改行
Content-Transfer-Encoding: base64改行
Content-ID:<img_cid_004>改行
改行
GIFファイルを Base64 エンコードした文字列
改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000--改行

テンプレートの構成は上記図の通りにしてください。構成が一部でも異なる場合、端末にて読み込む事ができなくなります。
特に改行については上記指定位置に必ず入れ、それ以外の場所には入れないようにしてください。

デコレーションメールテンプレートフォーマット (Ver.2)

デコレーションメールVer.2テンプレートファイルは「KDDI_HTML_MAIL_2_0」で始まるテキストファイルです。ファイルの仕様は下表のとおりです。

ファイル形式
テキスト形式
拡張子
.khm
MIME-type
application/x-kddi-htmlmail
Disposition
dev1htm
最大ファイルサイズ
140KB (注3)
挿入できる画像データの最大数 (注4)
20

注3)  Text/htmlパート、text/plainパートの合計は10000Byte未満。エンコード前画像サイズの合計は100KB未満。エンコードの後の.khmファイルが最大140KB。
注4)  同一の画像 (同cid) は複数回挿入が可能です。

テンプレートファイルの作成のオーサリングツールは特に提供しておりませんので、テキストエディタなどを使用して作成してください。

デコレーションメールテンプレート構成 (Ver.2)

KDDI_HTML_MAIL_2_0改行
MIME-Version: 1.0改行
Content-Type: multipart/mixed; boundary="--=_KDDI_NEXT_PART_0000"改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: text/html; charset="iso-2022-jp"改行
Content-Transfer-Encoding: 7bit改行
改行
[HTML本文内容 (ISO-2022-JP でエンコードされたもの)]
<IMG SRC= "cid:img_cid_000">

<IMG SRC= "cid:img_cid_004">改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: image/jpeg; name="xxx.jpg"改行
Content-Transfer-Encoding: base64改行
Content-ID:<img_cid_000>改行
改行
JPEGファイルを Base64 エンコードした文字列
改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: image/gif; name="xxx.gif"改行
Content-Transfer-Encoding: base64改行
Content-ID:<img_cid_004>改行
改行
GIFファイルを Base64 エンコードした文字列
改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000--改行

テンプレートの構成は上記図の通りにしてください。構成が一部でも異なる場合、端末にて読み込む事ができなくなります。
特に改行については上記指定位置に必ず入れ、それ以外の場所には入れないようにしてください。

デコレーションメールテンプレートフォーマット (Ver.3)

デコレーションメールVer.3テンプレートファイルは「KDDI_HTML_MAIL_3_0」で始まるテキストファイルです。ファイルの仕様は下表のとおりです。

ファイル形式
テキスト形式
拡張子
.khm
MIME-type
application/x-kddi-htmlmail
Disposition
dev2htm
最大ファイルサイズ
140KB (注5)
挿入できる画像データの最大数 (注6)
20

注5)  Text/htmlパート、text/plainパートの合計は10000Byte未満。エンコード前画像サイズの合計は100KB未満。エンコードの後の.khmファイルが最大140KB。
注6)  FLASHファイルは最大2個まで挿入可能です。一つの画像 (同cid) は複数回挿入が可能ですが、FLASHファイルの場合はそれぞれを1個として扱います。

テンプレートファイルの作成のオーサリングツールは特に提供しておりませんので、テキストエディタなどを使用して作成してください。

デコレーションメールテンプレート構成 (Ver.3)

KDDI_HTML_MAIL_3_0改行
MIME-Version: 1.0改行
Content-Type: multipart/mixed; boundary="--=_KDDI_NEXT_PART_0000"改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: text/html; charset="iso-2022-jp"改行
Content-Transfer-Encoding: 7bit改行
改行
[HTML本文内容 (ISO-2022-JP でエンコードされたもの)]
<IMG SRC= "cid:img_cid_000">

<OBJECT data="cid:img_cid_019" type="application/x-shockwave-flash"></OBJECT>改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: image/jpeg; name="xxx.jpg"改行
Content-Transfer-Encoding: base64改行
Content-ID: <img_cid_000> 改行
改行
JPEGファイルを Base64 エンコードした文字列
改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000改行
Content-Type: application/x-shockwave-flash; name="xxx.swf"改行
Content-Transfer-Encoding: base64改行
Content-ID: <img_cid_019>改行
改行
SWFファイルを Base64 エンコードした文字列
改行
改行
----=_KDDI_NEXT_PART_0000--改行

テンプレートの構成は上記図2.3.の通りにしてください。構成が一部でも異なる場合、移動機にて読み込む事ができなくなります。
特に改行については上記指定位置に必ず入れ、それ以外の場所には入れないようにしてください。

このページの先頭へ



Designing The Future KDDI
au 電話・インターネット 法人サービス 会社情報
  ここから当ウェブサイトの情報についてのメニューです。
免責事項 リンクについて 推奨環境 プライバシーポリシー Copyright © KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.