au by KDDI 開発者向け技術情報はこちら EZfactory

ヘルプ | サイトマップ

EZfactoryサイト内検索

WEBページ マルチメディア・コンテンツ 技術情報 ダウンロード
公式コンテンツで提供するサービス
EZアプリ (B)

EZ Felica



EZアプリ (B)


EZアプリ (B) とは?

EZアプリ (B) とは、cdmaOneの開発元である米国Qualcomm社がcdmaOne携帯電話機用に開発したアプリケーションプラットフォームであるBREW®を使って提供されるアプリサービスです。共通APIを装備したアプリケーションプラットフォームをcdmaOne端末上に搭載しコンテンツ制作者にそのAPIを公開することでEZアプリ (B) を自由に開発することが可能となり、EZアプリ (B) 対応端末なら同一のプログラムを動かすことができます。

  • ※ BREW®とは、Binary Runtime Environment for Wirelessの略称です。

EZアプリ (B) の開発言語はC/C++で、開発したEZアプリ (B) はEZアプリ (B) 対応端末から専用アプリケーションダウンロードサーバ (ADS) へアクセスし、EZアプリカタログより選択することでユーザが自由にダウンロード、インストールし実行することが可能となります。

EZアプリ (B) に関する最新情報は、Qualcomm社が提供するBrew® /Brew MP専用の総合WEBサイトでご確認ください。世界的なBrew® /Brew MPの動向やディベロッパー向けの技術情報、SDKなどの情報が提供されています。

  • ※ BREW® JAPAN.COMサイトは、2011年8月末をもって、終了致しました。

EZアプリ (B) の特徴って?

EZアプリ (B) サービスを実現させるBREW®プラットフォームは次のような特徴を持ち合わせています。

1. 高速で快適

BREW®プラットフォームはネイティブ上にあるため、EZアプリ (B) が瞬時に起動し位置情報やゲームなどをこれまで以上に快適なコンテンツの提供が可能です。

2. さまざまな通信プロトコルを使ったサービス

TCP/IP上のあらゆるプロトコルを利用可能とする新ネットワークを提供しています。EZwebやEZアプリ (J) で利用できるのはHTTP/HTTPS通信のみで制限されたサービスとなっていますが、EZアプリ (B) ではさまざまなプロトコルが利用できるため、Push配信など自由な通信によるエンドtoエンド (E2E) のサービスの提供が可能です。

3. セキュアなEZアプリ (B) 配信システム

セキュリティを保持するため、EZアプリ (B) を提供するにはアプリ企画審査に合格しKDDIの公式CPに認定された上でKDDIの検証プログラムに合格しなければならず、合格したEZアプリ (B) に限りKDDIにて用意する専用アプリケーションダウンロードサーバ (ADS) に登録されます。これら安全性の高いEZアプリ (B) は、対応端末からADSへアクセスしEZアプリカタログより選択することで自由にダウンロード、インストールされ実行されます。

逆に、一般 (勝手) サイト上ではEZアプリ (B) を提供することはできません。

図: BREWプラットフォーム

4. 多彩なサービス提供体系

一般的となっている利用制限のないアプリの提供のほかに各種のサービス体系を準備しています。さらにこれらを複数組み合わせることで多彩なサービス体系を提供することが可能です。

  1. EZwebコンテンツとの連携課金
    EZwebの回収代行サービスとの連携により実現します。
  2. ダウンロード課金
    "利用制限なし" の一般的なサービスモデルでダウンロードごとに課金します。

5. EZアプリ (B) のアップグレード

ユーザの操作により、ADS上にある最新のソフトウェアバーションを確認し端末内のEZアプリ (B) を自動アップグレードする機能も準備しています。

KDDIが提供するEZアプリ (B) サービスって?

KDDIでは、BREW®プラットフォームを採用することでEZアプリ (B) からの発信動作やEZナビウォークなどの機能を実現しています。また、さらに日本市場のニーズに応えるべくいくつかの機能追加を行っています。

1. 多彩な起動方法

さまざまなシチュエーションからEZアプリ (B) が起動できるようさまざまな起動方法を準備しています。

  1. 端末ランチャーメニューからの起動
    端末ランチャーメニューからEZアプリメニューを選択しEZアプリ (B) を起動
  2. ブラウザからの起動
    ブラウザ内のタグ記述により、特定のEZアプリ (B) を起動
  3. ネットワークからの起動 (SMS利用)
    SMSを利用したネットワークから特定のEZアプリ (B) を起動
  4. 専用キー長押しによる "一発起動"
    待受け状態から専用キーを長押しすることであらかじめ設定したEZアプリ (B) を "一発起動"

2. 待受けアプリ (スクリーンセイバーアプリ)

待受け状態で操作されない状態が一定時間続いた場合は、あらかじめ設定されたEZアプリ (B) が待受けアプリとして自動起動します。

3. 端末内アプリとの連携

端末内に存在するブラウザやメーラなど各アプリケーションとの連携が可能です。

  1. ブラウザとの連携 (URL_to)
    EZアプリ (B) からURLを引き渡しながらブラウザを起動したり、ブラウザからパラメータを引き渡しながらEZアプリ (B) を起動することができます。
  2. メーラとの連携 (mail_to)
    EZアプリ (B) からEメールアドレス (To/Cc/Bcc) 、件名、本文を引き渡しながらメーラを起動することができます。
  3. アドレス帳との連携
    EZアプリ (B) から端末内のアドレス帳データを参照することができます。
  4. データフォルダとの連携
    EZアプリ (B) から端末内のデータフォルダにデータを保存することや、保存されたデータ (著作権情報なし) の読み込みが可能です。
  5. カメラ機能との連携
    EZアプリ (B) から端末のカメラデバイスを制御することができます。
  6. Bluetooth®機能との連携
    EZアプリ(B)から端末のBluetooth®デバイスを制御することができます。
  7. 赤外線機能との連携
    EZアプリ(B)から端末の赤外線デバイスを制御することができます。
  8. 位置情報サービスとの連携
    EZアプリ(B)から位置情報サービスを利用することができます。
  9. モーションセンサーとの連携
    EZアプリ(B)から端末のモーションセンサーを使用することができます。

4. 端末内情報の取得

「端末内情報の取得」として標準的にサポートされているもののほかに、取得できる情報の一例を示します。

  • デバイスID (端末内の型番)
  • EZ番号 (端末内の端末ユニークID) の取得
  • 利用者 (ユーザ) プロフィールの取得
  • 通話履歴、着信履歴
  • 通話履歴、着信履歴の件数
  • 通話時間、累計通話時間
  • 直前の通話料金、累計通話料金
  • 現在の電界強度情報
  • 現在の電池残量および充電中情報
  • 着信音量の最大レベル
  • 現在設定されている着信音の音量レベル
  • 現在設定されている端末のバイブレータデバイスの設定状態
  • 現在のマナーモード設定の有効/無効の情報

などなど

公式コンテンツプロバイダとなってEZアプリ (B) を提供したい!

EZアプリ (B) 提供にあたり、KDDIにて事前にEZアプリ (B) の企画採用のための審査を行います。「EZwebサイトエントリー受付」サイトよりコンテンツ提供に関する各種手続き書類 (エントリーキット) が取得できますので、要領にしたがって提出してください。

採用が決定すると公式CPに認定され検証/試験などのプロセスを踏んだ後ADSへアップロードされEZアプリ (B) を提供することができます。詳細は「EZwebサイトエントリー受付」サイトを確認してください。

  • BREW®およびBREW®に関連する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。
  • そのほか本ページに記載された会社名・製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ



Designing The Future KDDI
au 電話・インターネット 法人サービス 会社情報
  ここから当ウェブサイトの情報についてのメニューです。
免責事項 リンクについて 推奨環境 プライバシーポリシー Copyright © KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.