au by KDDI 開発者向け技術情報はこちら EZfactory

ヘルプ | サイトマップ

EZfactoryサイト内検索

WEBページ マルチメディア・コンテンツ 技術情報 ダウンロード
マルチメディア・コンテンツ
Flashコンテンツ

写真フレーム・写真スタンプ

EZムービー (Eメールに添付)

EZムービー (ウェブページで再生)

ダウンロードCGI

GIFアニメーション

着信メロディ・着信ボイス

サウンド付きページ

概要

「SMAF」による制作

「Qcelp」による制作

ドット絵

スクリーンセーバー



「SMAF」による制作


制作の準備


それでは、実際にSMAFを制作していきましょう。まず、以下のものを準備してください。

MIDIデータ

MIDIデータは、自作することも可能ですが、自作するには専門的な知識と「シーケンサーソフト」と呼ばれるソフトウエアが必要になります。著作権フリーの「MIDI素材集」というものが市販されていますので、それを利用すると良いでしょう。

コンバートツール

「SMAF」を使って、携帯端末でサウンドを鳴らす為には、「MIDI」から「MMF」という形式にコンバートする必要があります。YAMAHA SMAF GLOBAL からツールを無料でダウンロードすることができます。

YAMAHA SMAF GLOBAL

なお、上記ツールでコンバートすることができるMIDIデータは、「SMF (スタンダードMIDIファイル) 」と呼ばれる形式のMIDIデータです。

SMAF対応携帯端末

SMAFを使って、携帯端末でサウンドを鳴らすには、SMAFに対応した携帯端末が必要です。 詳しくは「技術情報」の「マルチメディアデータ」をご確認ください。

そのほかの技術情報 > マルチメディアデータ

制作の流れ


それでは、実際の制作に入っていきましょう。大まかな流れは下記の図のようになります。

図: SMAF制作の大まかな流れ

では、一つずつ解説していきます。

MIDIデータをコンバートする

用意したMIDIデータを、SMAFで使用するファイル形式「MMF」にコンバートします。詳しくはコンバートツールに付属のドキュメントをご覧ください。

HDMLファイルを記述する

コンバートが無事終わったら、HDMLに以下の記述をしてください。

<HDML VERSION="3.0" markable="true">
<DISPLAY title="game">
<IMG SRC="game.mmf"><BR>
<IMG SRC="game.png">
</DISPLAY>
</HDML>

サーバの設定をし、アップロードする

SMAFを聴くことができるようにするためには、サーバのMIME設定または.htaccessファイルにて設定が必要になります。以下を追加してください。

.mmf application/x-smaf

実際に聴いてみる

SMAFに対応した携帯端末で、アップロードしたHDMLファイルを表示させてみましょう。音楽が鳴り始めたら成功です!!

このページの先頭へ




Designing The Future KDDI
au 電話・インターネット 法人サービス 会社情報
  ここから当ウェブサイトの情報についてのメニューです。
免責事項 リンクについて 推奨環境 プライバシーポリシー Copyright © KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.