au by KDDI 開発者向け技術情報はこちら EZfactory

ヘルプ | サイトマップ

EZfactoryサイト内検索

WEBページ マルチメディア・コンテンツ 技術情報 ダウンロード
マルチメディア・コンテンツ
Flashコンテンツ

写真フレーム・写真スタンプ

EZムービー (Eメールに添付)

EZムービー (ウェブページで再生)

ダウンロードCGI

GIFアニメーション

着信メロディ・着信ボイス

概要

「SMAF」による制作

「Qcelp」による制作

公開

サウンド付きページ

ドット絵

スクリーンセーバー



着信メロディ・着信ボイス


はじめに


「SMAF」及び「Qcelp」を使って、オリジナル着信メロディを作っていきます。
オリジナル着信メロディをつけることによって、よりインパクトのある楽しいページになることでしょう。 SMAF/Qcelpは、それぞれに対応機種が異なります。

詳しくは「技術情報」の「マルチメディアデータ」をご確認ください。

そのほかの技術情報 > マルチメディアデータ

では初めに「SMAF」と「Qcelp」についてご説明します。

SMAFとは?

「SMAF」という技術は、MIDI音源を携帯端末向けにカスタマイズしたものを携帯端末自身に内蔵し、「EZweb」で手軽にサウンド付きのページを作ることができるものです。
「MIDI」とは、ピアノやギター、フルートやドラムなど、予め様々な楽器の音源がデジタルデータとして内蔵された「MIDI音源」に「MIDIデータ」とよばれる、制御情報をパソコン等から送信し、内蔵された音を制御情報の手順に従って再生する、デジタルサウンドの標準規格です。
余談ですが、皆さんの中にも携帯端末で「着信メロディ」を楽しんでいる方も多いと思いますが、着信メロディも実はMIDIデータの一種です。

SMAFは、ヤマハ株式会社が提唱するサウンドフォーマットです。

図: SMAF概略図

Qcelpとは?

「Qcelp」は「Qualcomm code excited linear prediction」の略で、携帯端末で、人の声や動物の声などサンプリング音を鳴らすことができる技術です。
SMAFは「MIDI」を携帯端末向けに応用したもので、予め用意された音源に対して制御情報を送ることでサウンドを再生するものですが、Qcelpでは、サウンドデータそのものを「EZweb」を通して携帯端末に読みこみ、サウンドを再生します。
サウンドデータそのものをやり取りするため、人や動物の声などSMAFでは扱えない音源もQcelpを使えば扱うことができるようになります。
ただしSMAFに比べて、容量が大きくなりがちなので、あまり長時間のデータを再生するのには向いていません。

Qcelpは米国クアルコム社のPure Voice™の技術を利用しております。(Qcelp、Pure Voiceは米国クアルコム社の米国における登録商標です。)

図: Qcelp概略図

このページの先頭へ




Designing The Future KDDI
au 電話・インターネット 法人サービス 会社情報
  ここから当ウェブサイトの情報についてのメニューです。
免責事項 リンクについて 推奨環境 プライバシーポリシー Copyright © KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.