au by KDDI 開発者向け技術情報はこちら EZfactory

ヘルプ | サイトマップ

EZfactoryサイト内検索

WEBページ マルチメディア・コンテンツ 技術情報 ダウンロード
マルチメディア・コンテンツ
Flashコンテンツ

概要

開発手順

制作

技術情報

写真フレーム・写真スタンプ

EZムービー (Eメールに添付)

EZムービー (ウェブページで再生)

ダウンロードCGI

GIFアニメーション

着信メロディ・着信ボイス

サウンド付きページ

ドット絵

スクリーンセーバー



インタラクティブ再生


着Flash (アニメ) 動く待受け ゲーム インライン再生 インタラクティブ再生

WEBページでFlash Liteコンテンツのインタラクティブ再生を行う!


HTMLファイルと置き換わってブラウザの表示領域全体にFlash Liteコンテンツを表示し、キーイベントを受け取れるインタラクティブ性のある再生をさせます。

使用例: 対話方式のアニメーションなど…。

Step1. インタラクティブ再生用Flash Liteコンテンツを作成する

WEBページで再生するためのFlash Liteコンテンツを作成します。この時、作成するFlash Liteコンテンツはユーザによるキーイベントが取得出来るため、インタラクティブ性のある対話的なFlash Liteコンテンツにします。これにより、方向キー (上下) を使ったフォーカス移動や決定キーを使った決定動作、サウンドファイルの再生や指定したURLへのジャンプ等々が可能になります。

Step2. サウンドファイルを埋め込む

Flash Liteコンテンツに必要に応じてサウンドファイルを埋め込みます。サウンドを読み込む方法についてはAdobe Systemsより提供される『au用Adobe Systems Flash Liteオーサリングガイドライン』をご確認ください。
ただし、作り方によってはFlash Liteコンテンツにサウンドを読み込んだとたん音が鳴り出すことになるため、サウンドの利用には十分な注意が必要です。

Step3. フォント情報を埋め込む

Flash Liteコンテンツに必要に応じてフォント情報を読み込みます。

Step4. その他機能を利用する

その他の機能として、loadMovie() /loadVariablesを利用した外部ファイル連携や基地局方式による位置情報測位、getURL() を用いたPhone_to、mail_to、URL_toのNativeアプリケーション連携、FSCommand2() を利用した端末情報の取得などが可能です。

Step5. パブリッシュする

作成したFlash LiteコンテンツをFlash Lite1.1/2.0としてパブリッシュします。この際、パブリッシュ設定が [Flash Lite 1.1/2.0] になっていることを確認して下さい。なお、データ取得時間を考慮して、ファイルサイズを30KB以下に収めることをお奨めします。

Step6. Flash LiteコンテンツをWEBにアップロードする

Flash Liteコンテンツをアップロードします。XHTMLの <a> タグやFlash Liteコンテンツからの直接指定、URLの直接入力等から遷移した場合にインタラクティブ再生されます。

着Flash (アニメ) 動く待受け ゲーム インライン再生 インタラクティブ再生

このページの先頭へ




Designing The Future KDDI
au 電話・インターネット 法人サービス 会社情報
  ここから当ウェブサイトの情報についてのメニューです。
免責事項 リンクについて 推奨環境 プライバシーポリシー Copyright © KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.