• お問い合わせ
  • お知らせ
  • English
  • IPv6対応 via IPv4
  • au STAR
  • au Online Shop
  • ショップ検索
  • サイト内検索
  • ご意見・ご要望をお聞かせ
    ください

    お客さまの声を、サービス向上に活用させていただきます。

    入力はこちら

    通信品質・エリアに関するご申告・ご要望、ご自宅の訪問調査のお申し込みは、下記の専門お申し込み窓口で承ります。

    「電波サポート24」に
    入力する

どこでもスマホをサクサク快適に使えるエリアにAction!

[掲載日] 2014年7月16日

お客さまの声

街中でも、旅先でも、レジャーでも、スマホを快適に使いたい。

たくさんの人で混雑する場所でも、つながるauへ。
日常の生活エリアはもちろん、地下鉄、新幹線、空港、観光地、さらにはたくさん人が集まるフェスや花火大会でも。あらゆる場所でスマートフォンがサクサク使えるよう、auではサービスエリアの拡大と通信品質の向上に取り組んでいます。

今回は、エリア品質強化室の平 裕二郎が、その取り組みについてお話します。

多くの人でにぎわう花火大会に出動した車載基地局

エリアをピカピカに磨き上げる「エリア職人」

800MHzプラチナバンドの4G LTEのサービス(注1)は、2012年11月にスタートしました。4G LTEは、従来の通信規格よりも圧倒的に通信速度が速い規格です。さらに、プラチナバンドと呼ばれる800MHz帯の電波は障害物間を回り込む性質を持ち、ビルが多いオフィス街や屋内でも、比較的つながりやすくなります。2014年3月には、auの4G LTE (800MHz) プラチナバンドの実人口カバー率がついに99%を達成しました。(注2)

しかし、通信エリアは一度作り上げればそれで完了というわけではありません。例えば、利用者が集中するような場所では、混雑が進むと通信速度が遅くなるなど品質が劣化する場合があります。
そこでauでは、2012年9月に「エリア職人」という制度をはじめました。
「エリア職人」は、現地に赴いて利用者が多い場所と通信品質の実態を把握し、エリア設計から、基地局設置場所の選定、設置予定場所の土地所有者さんとの交渉、建設の管理までを一貫して行い、通信品質の維持向上に努めるのが仕事です。日々自分の持ち場を歩き回って通信品質をチェックし、劣化が見つかればすぐに対策を立てます。

エリア品質強化室・平 裕二郎

私は以前、東京地区の「エリア職人」として、渋谷・新宿・池袋を担当しました。利用者が多い場所に対して効率よく電波を飛ばせる位置への小型基地局の設置について、粘り強く、ビルのオーナーさんに交渉した経験があります。

複雑で厳しい通信環境に、スピーディーに対応する技量が求められる「エリア職人」。KDDIでは、エリアのどの場所でも高速通信がスムーズにできるようにすることを、"エリアをピカピカに磨き上げる"と言います。全国に約100人いるエリア職人は、自分の担当エリアをピカピカに磨き上げようと、日々奮闘しています。

  • 注1)対象機種: iPhone 5s 、iPhone 5c、iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデル Android™ 4G LTEスマートフォン、4G LTEタブレット、4G LTE対応PC、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+
  • 注2)「実人口カバー率」とは、全国を500m四方に区分けしたメッシュのうち、当社サービスエリアに該当するメッシュに含まれる人口の総人口に対する割合です。
    4G LTEエリア内でも、電波状況により3G通信となる場合または、ご利用いただけない場合があります。

小型基地局を活用し、人の集まるスポットを中心にサクサク使えるエリアを構築。

世界遺産の富士山や屋久島でもつながりやすく

対策は、市街地ばかりではありません。高速道路のサービスエリア・パーキングエリアや道の駅でも、安心してデータ通信をご利用いただけるようにしっかり電波対策をしました。お盆に新幹線や車で帰省される方には、つながりやすさを実感いただけるのではないでしょうか。
また、世界遺産・温泉・お城・キャンプ場・四国霊場八十八か所など、観光地や人気のスポットでも、auを快適にお楽しみいただけるようエリア拡充に努めています。

昨年世界文化遺産に登録されて人気の高まる富士山では、7月の山開きに向けて4G LTE対策を進め、山頂付近、登山道、山小屋付近で快適にご利用いただけるようにしました。御殿場ルート5合目に夏の登山期間限定でオープンする「Mt FUJI TRAIL STATION」内には、au Wi-Fi SPOTも設置します。
富士山の過酷な環境下での基地局建設の様子や、スマートパス会員のお客さま向けプレゼント企画、「富士山ツナガルマップ」を、webページ「ツナゲル社会科見学」でご紹介しています。富士登山に挑戦されるauのお客さまは、ぜひ登山前にチェックして、現地でご体感ください。

さらに、世界自然遺産に登録された屋久島の縄文杉・宮之浦岳周辺でも、4G LTEをご利用いただけるようになりました。保護地域内であるだけでなく、縄文杉は標高1,300mに、宮之浦岳は標高1,936mの九州最高峰にあり、近隣に基地局を設置することは不可能でした。そこで、約35km離れた隣の種子島から海越しに対策を施すことで、ご利用いただけるようにしました。(注3)
auをご利用いただける人気のスポットは、auのホームページでご紹介しています。

  • 注3)4G LTEエリア内でも、電波状況により3G通信となる場合または、ご利用いただけない場合があります。

世界文化遺産に登録され人気の高まる富士山もしっかり電波対策 (写真提供: 昭文社)
山小屋など使えるエリアには専用ステッカーが。

イベントには臨時基地局を出動。コミケには“人間Wi-Fi”も

1つの基地局がカバーする範囲内に利用者が増えると、通信速度が遅くなる場合がありますが、そうした状態が顕著にあらわれるのが多くの人が集まるイベントです。auでは、さまざまなイベント会場に臨時基地局を設置し、スムーズな高速データ通信ができるよう対策を実施しています。 特に夏は、フェス、花火大会、夏祭りなど、全国各地でイベントが開催されるため、車載型基地局など臨時の基地局を出動させます。

昨年のコミックマーケット84に出動した車載基地局。
近くでは「充電サービス」も。(©伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP2)

世界最大規模の同人誌即売会"コミックマーケット"には、前回に引き続き、人気アニメのラッピングをした車載型基地局だけでなく"人間Wi-Fi"の出動を計画しています。人間Wi-Fiとは、Wi-Fiアンテナを背負ったKDDI社員がau Wi-Fi SPOTとして会場内の電波対策を行うもので、当日のコミケ会場だけでなく、インターネット上でもたいへん話題になりました。8月のコミックマーケットにお出でになるお客さまは、ぜひ探してみてください。

スマートフォンやタブレットでできることが増え、通信環境へのお客さまの期待値は、ますます高くなっています。これからも、ピカピカのエリアで、お客さまに快適な高速通信を楽しんでいただけるよう、通信品質の向上に取り組んでいきます。

Wi-Fiアンテナを背負った “人間Wi-Fi”(au Wi-Fi SPOT)が、イベント会場内を電波対策。

記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。